ビックスマイルは常にお客様の最高の笑顔と安全を追求しています。

safetyrafting160 (8).jpg(14483 byte) safetyrafting160 (3).jpg(11794 byte) safetyrafting160 (9).jpg(12505 byte) safetyrafting160 (11).jpg(14821 byte)

 

アンラッピングボート

ボートが水圧を受けて岩に張り付く事をラップと呼ぶ。 ラップしたボートをはがす場合は、数人の力ではなかなか外れない場合が多い。 その場合、Zドラッグなどの倍力システムを使う事になる。

セットの仕方

unwrapping.jpg(48250 byte)

まず、周囲の安全確認と、今後危険が予測できないかを確認する。

ボート側では、ボートのDリングの3点以上からイコライジングシステムを作る。 通常、ボートのDリングは約100kg程度の力しか耐えれないと言われている。状態によっては、もっと小さい値となるので十分に注意する。
その間に、陸上チームは、強い力が働いても動かない岩などにウェイビング等を使ってアンカーを作る。 そのアンカーから、Zドラッグなどの倍力システムを作る。 ロープクロッシングなどで川にロープを渡し、倍力システムとイコライジングシステムを連結する。
最後に、カラビナや結びなどのセーフティチェックを行う。

システムの運用

ロープを使ったもの、特に倍力システムを使ったものは、リスクが高いレスキュー法となるので、経験あるスタッフと十分な安全への配慮が必要である。
一番リスクの高い位置となる者がロープを引く合図を送るようにすべきである。通常は、陸上の岩のアンカーにいるプルージックをコントロールする人間が合図する。
ロープを引き込む時は、一気に力をかけるのではなく、システムの破壊に気をつけながらじわじわと力を入れていく。そして、万が一システムが壊れても誰も怪我しないような人員配置も重要である。


当サイトはスタッフのレスキュートレーニングの実例を示すもので、ごく一部の内容を記載したものです。 ここで紹介しているのは、あくまでもレスキュー例であり実際のレスキューを保証するものではありません。 また、この部分だけではレスキュー活動としては機能しません。 サイトの内容に関する事故等については一切の責任をとれません。 必ずレスキュージャパンなどで開催されている信頼できるレスキュー講習を受講するようにしてください。
 
コンテンツ

■ ホーム
■ 理念の実現へ
■ 安全への取り組み
 □ レスキュートレーニング
  ・レスキュー哲学
  ●ノット●
    フィギュア8オンナバイト
    フィギュア8ベント
    フィギュア8フォロースルー
     Wフィギュア8オンナバイト
    ダイレクショナル8
    Wフィッシャーマンズノット
    バタフライノット
    もやい結び
    バウラインノット
    ウォーターノット
  ●イコライジングシステム●
    ウェビング使用
    ロープ使用1
    ロープ使用2
  ・倍力システム-Zドラッグ
  ・スイムトレーニング
  ・フリップアンドリカバリー
  ・ロープクロッシング
  ・アンラッピングボート
  ・スナッグライン
  ・テンションダイアゴナル
  ・2ポイントテザー
 □ 社会貢献


リンク
関連サイト
ラフティング 京都 保津川 ベース
ラフティング 吉野川 小歩危 ベース 
ラフティング 吉野川 大歩危 ベース
ラフティング 長良川 ベース
出張買取リサイクルオーケー京都
レスキュージャパン

ビックスマイルラフティング