ビックスマイルは常にお客様の最高の笑顔と安全を追求しています。

safetyrafting160 (8).jpg(14483 byte) safetyrafting160 (3).jpg(11794 byte) safetyrafting160 (9).jpg(12505 byte) safetyrafting160 (11).jpg(14821 byte)

 

安全への取り組み

スタッフトレーニング

私達は、まずスタッフトレーニングに長い時間を費やします。
トレーニングといっても川を下るだけのトレーニングではありません。 川を下る事はできて当然で、その上でお客様に安全に楽しんでいただける技術が必要なのです。 一人前のガイドとしてお客様とボートに乗るようになっても、トレーニングは永遠に続いていきます。
膨大なトレーニングの内容から、参考までにレスキュー技術に関するトレーニングについて掲載しています。 レスキュートレーニングのページをご覧ください。

なぜトレーニングに大きなコストをかけるのか?

私達はナンバー1の「もてなし」とナンバー1の「安全性」を維持するポリシーを持っています。 そのためかけるコストを私達は惜しみません
本当にありがたい事に、ほとんどのお客様が理解していただき、リピーターとして何度も私達のラフティングを楽しんでいただける、プラスの連鎖となっています。

ハイクオリティを維持するためのロープライス

高いレベルを維持するためには、どうしても費用がかかります。しかし、それを価格という形でお客様に強いてしまっては本末転倒です。そして私達の結論は、逆にロープライスにし、努力を惜しまず、効率よく、より高いレベルで運営をする覚悟でした。
その結果、スタッフ・会社共により多くの経験を積み、トップレベルの安全性を確保できています。

安全のルール

私達は安全ルールを遵守しています。
その一つとして「運行規定」があります。決められた水位や警報と言った客観的基準で判断できるものとなっています。
その客観的基準は、他のどの会社よりも厳しい基準となるようにしています。 もちろん客観的だけでなく、主観的な安全規定を設けています。 運行規定にない危険が予測された場合などは、ツアーリーダーに催行中止を決定できる権限を与えています。

社会貢献と実績

私達は世界でもトップクラスの安全技術を有しています。
その技術を社会に還元するために、有料・無料の講習を外部に向けて随時提供しております。 その高いレベルの客観的証明としては、有料にもかかわらず、年間100人以上の現役消防士の方が当社にレスキュー技術を学びに来ております。 詳しくは社会貢献のページにて
 
コンテンツ

■ ホーム
■ 理念の実現へ
■ 安全への取り組み
 □ レスキュートレーニング
  ・レスキュー哲学
  ●ノット●
    フィギュア8オンナバイト
    フィギュア8ベント
    フィギュア8フォロースルー
     Wフィギュア8オンナバイト
    ダイレクショナル8
    Wフィッシャーマンズノット
    バタフライノット
    もやい結び
    バウラインノット
    ウォーターノット
  ●イコライジングシステム●
    ウェビング使用
    ロープ使用1
    ロープ使用2
  ・倍力システム-Zドラッグ
  ・スイムトレーニング
  ・フリップアンドリカバリー
  ・ロープクロッシング
  ・アンラッピングボート
  ・スナッグライン
  ・テンションダイアゴナル
  ・2ポイントテザー
 □ 社会貢献


リンク
関連サイト
ラフティング 京都 保津川 ベース
ラフティング 吉野川 小歩危 ベース 
ラフティング 吉野川 大歩危 ベース
ラフティング 長良川 ベース
出張買取リサイクルオーケー京都
レスキュージャパン

ビックスマイルラフティング