ビックスマイルは常にお客様の最高の笑顔と安全を追求しています。

safetyrafting160 (8).jpg(14483 byte) safetyrafting160 (3).jpg(11794 byte) safetyrafting160 (9).jpg(12505 byte) safetyrafting160 (11).jpg(14821 byte)

 

イコライジング(流動分散)−ウェビングを使う方法

イコライジングとは?

イコライジングとは、複数のアンカー(支点)を1つのロープで引くときに、均等に力を配分してひく方法である。
荷重の大きな物体を引くときに、一つのアンカーでは破断の恐れのあるときによく使われる。

つくり方


赤:ウェビング、青:ロープ、緑:カラビナ
右側がロープを引く方向
まず、ウェビングをウォーターノットで結び、大きな輪を作る。
次に、ロープの末端にフィギュアエイトオンナバイトでカラビナを取り付ける。
輪状のウェビングを左図の赤線のように、引かれる物体の3点のカラビナを通して、その間をロープ側のカラビナ方向に持ってくる。

ロープ側のカラビナ方向に持ってきた2本(3ポイントの場合)のウェビングを1ねじりする。

ねじったウェビングをカラビナにセットする。

特性

引くロープ側の倍力システムと同時に別システムで作られるため、セッティングが速い。


当サイトはスタッフのレスキュートレーニングの実例を示すもので、ごく一部の内容を記載したものです。 ここで紹介しているのは、あくまでもレスキュー例であり実際のレスキューを保証するものではありません。 また、この部分だけではレスキュー活動としては機能しません。 サイトの内容に関する事故等については一切の責任をとれません。 必ずレスキュージャパンなどで開催されている信頼できるレスキュー講習を受講するようにしてください。
 
コンテンツ

■ ホーム
■ 理念の実現へ
■ 安全への取り組み
 □ レスキュートレーニング
  ・レスキュー哲学
  ●ノット●
    フィギュア8オンナバイト
    フィギュア8ベント
    フィギュア8フォロースルー
     Wフィギュア8オンナバイト
    ダイレクショナル8
    Wフィッシャーマンズノット
    バタフライノット
    もやい結び
    バウラインノット
    ウォーターノット
  ●イコライジングシステム●
    ウェビング使用
    ロープ使用1
    ロープ使用2
  ・倍力システム-Zドラッグ
  ・スイムトレーニング
  ・フリップアンドリカバリー
  ・ロープクロッシング
  ・アンラッピングボート
  ・スナッグライン
  ・テンションダイアゴナル
  ・2ポイントテザー
 □ 社会貢献


リンク
関連サイト
ラフティング 京都 保津川 ベース
ラフティング 吉野川 小歩危 ベース 
ラフティング 吉野川 大歩危 ベース
ラフティング 長良川 ベース
出張買取リサイクルオーケー京都
レスキュージャパン

ビックスマイルラフティング